県外編 静岡県 その1 丹那断層の変位がわかる丹那断層公園 :静岡県田方郡函南町畑・乙越地区

  今まで岐阜県の長良川、板取川、津保川沿いの岩石を紹介してきましたが、前回で終了としました。積雪の時期になって川沿いの岩石の表面が見えにくくなった場所もあります。しばらくの間、県外編として、ここ数年の間に行った地質関係の岐阜県外の見学地を紹介します。また、立体視ができるような写真を掲載します。

岐阜県では、1891年に発生した濃尾地震を引き起こした根尾谷断層が、根尾谷地震断層観察館にて観察できるように整備され、全国的にも有名です。同じように、昭和のはじめ頃に発生した地震を引き起こした断層が展示されているのが、静岡県で見られます。昭和5年(1930年)11月26日に発生した北伊豆地震(M7.3)を引き起こした丹那断層を観察できるように整備されたのが丹那断層公園です。この公園では、北伊豆地震において左横ずれ断層によって水路や円形のゴミ捨て場などが約2.5mほどずれているのがわかります。また、そのずれの北の延長上の地面が溝状に掘られており(トレンチ)、断層地下観察室として実際の断層による地層のずれがわかるようになっています。1997年3月末に完成したようです。

写真が四種類ありますが、上の写真は丹那断層公園を南から丹那断層が延びている方向を撮ったもので、手前にある平行に並んだ二枚の赤い板が断層の位置と方向を示しています。奥に見えるのが断層地下観察室です。中上の写真は西から撮ったもので、石が並んでできている溝(当時は水路)が断層を境にずれているのがわかります。赤い板が断層の位置を示しています。中下の写真は断層地下観察室を西から撮ったもので、断層を境に褐色の堆積層と白っぽい堆積層が接しているのがわかります。下の写真は、断層地下観察室の南側の壁を北東から撮ったものです。いずれの写真も同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の下の白丸や黒丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山