投稿

7月, 2024の投稿を表示しています

板取川沿いの地質、露頭 その26 関市洞戸栗原と飛瀬の境界付近の珪質粘土岩 :関市洞戸栗原と飛瀬の境界付近の左岸河床露頭

イメージ
 前回「板取川沿いの地質、露頭その25」の対岸少し上流に、黒っぽい岩石が河床に露出しています。露出しているのは珪質粘土岩で、珪質泥岩を伴っています。珪質泥岩が多い部分もあり、全体的に黒っぽく見えます。 美濃帯堆積岩類の中の珪質粘土岩は、粘土鉱物からなる岩石です。 チャート層に伴って存在し、中に黒色の珪質泥岩をはさむことを特徴としています。調査研究によって、中生代三畳紀の層状チャートの基底部に存在することがわかっていて、三畳紀初期において酸素が少ない状態の海洋で堆積したものだと考えられています。ここの露頭は、板取川に沿って左岸河床に幅8mほど、長さ30m弱にわたって露出しています。上流側(西側)には珪質泥岩が多くを占めている部分がありますが、1cm~5cm厚の珪質粘土岩と1cm~7cm厚の珪質泥岩が交互に積み重なっている部分が広範囲を占めています。下流側(東側)は珪質粘土岩が厚い部分が多く、数cm~10数cm厚の珪質粘土岩と1cm~5cm厚の珪質泥岩が交互に積み重なっています。  地質図において、露頭(×地点)は白色( a )の中にあり、白色は第四紀の堆積物です。周囲はオレンジ色( Mch )が広く分布していて、おもにチャートからなる地層です。第四紀の堆積物の下に分布しているチャート層に伴った珪質粘土岩が露出しているのです。写真は五種類ありますが、上の写真は東からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真に写っているハンマー周辺を近づいて撮ったものです。淡灰色の珪質粘土岩と暗灰色の珪質泥岩が交互に堆積しているのがわかります。真中の写真は露頭の中央付近を西からパノラマで撮ったもので、中下の写真は真中の写真に写っているハンマー周辺を南西(右斜め)から撮ったものです。交互に堆積している珪質粘土岩と珪質泥岩は、波うったように変形しています。下の写真は、露頭の下流側(東側)を西からパノラマで撮ったものです。淡褐灰色に写っているのが珪質粘土岩ですが、層厚が厚いのがわかります。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。中上と中下の写真は、同じような写真が2枚並んでいますが、写真の下の黒丸または白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供) 美濃地学 - 地学の

板取川沿いの地質、露頭 その25 関市洞戸栗原と飛瀬の境界付近の変形したチャート層 :関市洞戸栗原と飛瀬の境界付近の右岸露頭(栗原橋上流150mほど)

イメージ
  2020年11月29日「板取川沿いの岩石その9」で紹介したチャート層の露頭を再度紹介します。関市洞戸事務所の東を通っている国道256号を北進し、しばらくすると板取川を横切ります。その橋が栗原橋です。橋の手前には現在は使われていないようですがバスの車庫が、橋を越えたところには鮎料理処があります。栗原橋で左側(西側)を見ると、チャート層が露出しています。橋の手前付近で車を止め、東へ40mほどのところに川原へ下りる階段がありますので、そこを通って川原へ下り、川沿い(右岸)を上流へ向かって進みます。栗原橋の下をくぐって、さらに150mほど進むと露頭があります。 チャート層は、チャートの層と層の間にうすい泥岩の層がはさまっていることが多く、層状チャートと呼ばれます。ここのチャート層は間にはさまっている泥岩層が厚く、チャートの部分が途切れていたり、変形したりしています。チャート層は淡青灰色をしていて、数cm~10cmほどの厚さです。間にはさまる泥岩層は灰色(部分的に暗青灰色)をしていて、1cm~15cmほどの厚さです。 地質図において、×地点が露頭の位置ですが、オレンジ色( Mch )の中にあり、オレンジ色はおもにチャートからなる地層です。写真は五種類ありますが、上の写真は北東からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央付近を撮ったものです。真中の写真は上の写真の露頭の右下を近づいて撮ったもので、チャート層が変形し、泥岩層が厚いのがわかります。中下の写真は露頭の上に登って南西から撮ったもので、ハンマーの頭部の左を近づいて撮ったのが下の写真です。 下の写真には、中央少し上に白く写っているチャートが見かけ上ソーセージ状に分かれているのが写っています。ブーディン構造だと思いますが、硬くてもろい地層(ここではチャート層)と流動性に豊む地層(ここでは泥岩層)との互層にしばしば見られる変形構造です。地層面に平行な引っ張りの力によってチャート層が引きちぎられ、その間を泥岩層が埋めたような形態をなす変形構造です。「ブーディン」はフランス語でソーセージを意味するため、断面を見ると連なったソーセージ状に見える構造をブーディン構造というようです。 スケールとして置いてあるハンマーと定規の長さは、それぞれ約28cm、約17cmです。中上と真中、中下の写真は、同じような写真

板取川沿いの地質、露頭 その24 関市洞戸栗原の鮎料理処の東に見られるチャート石灰岩互層 :関市洞戸栗原の鮎料理処の東の左岸河床露頭

イメージ
 前回「板取川沿いの地質、露頭その23」で紹介したチャート石灰岩互層の露頭が、ここでも見られます。2020年11月26日「板取川沿いの岩石その8」で紹介した露頭と同じ露頭です。チャート石灰岩互層は、チャート層と石灰岩層が交互に積み重なったように見える地層ですが、積み重なったように見えるとあやふやな書き方なのは、普通で考えると、ありえない地層だからです。チャート層は深海で堆積した地層で、石灰岩層は浅い海で堆積した地層です。また、石灰岩層は深い海では溶けてしまい堆積することがないのです。このように、同じ場所で形成することがないチャートと石灰岩が交互に積み重なっているのです。そのため、現在でもその形成過程は明確にはわかっていません。石灰岩は長い時間の中では、流動したり、他の地層に入り込んだりすることがあるので、チャートの堆積後、石灰岩がシート状に貫入したと考える研究者もみえるようです。 ここで見られるチャート石灰岩互層は、淡青灰色~青灰色をしたチャート層と、淡灰色をした石灰岩層が交互に積み重なっています。石灰岩層は10cm~20cmの厚さのものが多く、その部分は凹んでいます。走向、傾斜を測ったところ、北東-南西を走向として、北西に60°ほどの傾斜です。 地質図において、×地点が露頭の位置ですが、白色( a )の中にあり、白色は第四紀の堆積物です。周囲にはオレンジ色( Mch )や灰色( Mmx )が分布していて、おもにチャートからなる地層やメランジュからなる地層です。この地点周辺の河原で見られる露頭は、第四紀の堆積物の下に分布するチャート層などが露出しているのです。チャート石灰岩互層はチャート層中に分布します。  写真は五種類ありますが、上の写真はチャート石灰岩互層を南東から撮ったもので、中上の写真はハンマー付近を近づいて撮ったものです。真中の写真は、上の写真に写っているハンマーの左下のところを近づいて撮りました。中下の写真は上の写真の露頭から北西へ8mほど離れたところを南東から撮ったもので、下の写真は中下の写真に写っているハンマーの左下の石灰岩層(白色の層)に近づいて撮ったものです。なお、上と真中、中下の写真は「板取川沿いの岩石その8」でも使用しています。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。五種類とも同じような写真が2枚並んでいますが、そ