投稿

板取川沿いの地質、露頭 その23 関市洞戸栗原集落の対岸のチャート石灰岩互層 :関市洞戸通元寺の洞戸キャンピングセンター(バーベキュー場)の東端の左岸露頭

イメージ
  2020年8月12日 「 長良川沿いの石灰岩その3」、2021年10月10日 「長良川本流沿い露頭編その18」、 2021年10月12日「 長良川本流沿い露頭編その20」などで紹介したように、長良川沿いにおいてチャートと石灰岩が交互に堆積しているように見える岩石(チャート石灰岩互層)が露出しています。板取川沿いにも露出していますので、今回と次回でチャート石灰岩互層を紹介します。 チャートは深い海で形成し、一方石灰岩は浅い海で形成するというように、チャートと石灰岩は形成場所が異なります。特に、石灰岩はチャートが形成するような深い海だと溶けてしまい、形成されません。チャートと石灰岩は、形成場所や形成条件が全く違うため、チャートと石灰岩が交互に積み重なるように見える産状(チャート石灰岩互層)の形成過程は正確にはわかっていないようです。ここのチャート石灰岩互層は、白色~淡青灰色をしたチャート層と白色をした石灰岩層が交互に堆積しています。チャート層は、数cm~15cmの厚さのものが多く、30cm以上の厚さの層もあります。石灰岩層は、5cm~10数cmの厚さで、石灰岩層の部分が浸食などで凹んでいて、チャート層より20cm以上凹んでいるところもあります。 地質図において、露頭(×地点)はオレンジ色( Mch )の中にあり、オレンジ色は主にチャートからなる地層です。写真は五種類ありますが、上の写真は露頭を北からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央付近を撮ったものです。ハンマーの位置は同じです。真中の写真は、上の写真(または中上の写真)のハンマー付近をより近づいて撮ったものです。灰色がチャートで、白色が石灰岩です。中下の写真は中上の写真の左端の部分を北西から撮ったもので、ハンマー付近を近づいて撮ったものが下の写真です。立体で見ると、チャートの部分が凸で、石灰岩の部分が凹になっているのがわかります。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。中上と真中、中下、下の写真は、同じような写真が2枚並んでいますが、写真の白丸または黒丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図は

板取川沿いの地質、露頭 その22 関市洞戸栗原の珪質泥岩、貫入岩 :関市洞戸通元寺と栗原の境界から国道256号を百数十m北進した地点の川沿いの露頭(北側)

イメージ
  前回「板取川沿いの地質、露頭その21」で紹介した露頭の北側にある露頭です。全体的には珪質泥岩からなっていますが、貫入岩が入り込んでいます。この露頭については、2020年11月25日「板取川沿いの岩石その7」で紹介していますが、再度紹介します。国道256号沿いの歩道の下に露出していますので、国道脇の歩道から見えます。 珪質泥岩は、陸地側から河川によって海へ流れ込んだ泥とは異なり、海に漂う泥と珪質の殻をもった放散虫などの生物の遺骸が混ざったものが堆積してできた岩石です。簡単に言うと放散虫チャートと泥岩の中間の岩石であり、珪酸( SiO2 )分に富む細粒で緻密な岩石です。海洋プレートが大陸に近づきつつある時期の海洋の堆積物です。 貫入岩は、液体であるマグマが他の岩石(ここでは珪質泥岩)に入り込み、冷え固まった岩石です。場所からすると、奥美濃酸性岩類を形成した火山活動に関連したものだと考えられますが、肉眼で鉱物等を確認する限り、苦鉄質の岩石のように思われ、詳しいことはわかりません。 地質図において、×地点が露頭の位置で灰色(メランジュからなる地層)が分布しているように描かれていますが、前回「板取川沿いの地質、露頭その21」でも書いた通り、「脇田浩二 (1995)5 万分の 1 地質図幅「美濃」地質調査所」では、珪質泥岩となっています。写真は五種類ありますが、上の写真は対岸から西を望んでパノラマで撮ったものです。今回が右側の露頭で、前回が左側の露頭です。中上の写真は露頭を南西から撮ったもので、3枚の写真を合成しました。灰色に見えるのが珪質泥岩で、うすだいだい色に見えるのが貫入岩です。真中の写真は、中上の写真の中央付近を撮ったものです。中下の写真は珪質泥岩を中心にして、南から撮ったものです。下の写真は貫入岩に近づいて撮ったものです。なお、真中と下の写真は「板取川沿いの岩石その7」でも使用しています。スケールとして置いてあるハンマーと定規の長さは、それぞれ約28cmと約20cmです。真中と中下の写真は、同じような写真が2枚並んでいますが、写真の下の黒丸または白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供) 美濃地学 - 地学のおもしろさを、美濃から (minotiga

板取川沿いの地質、露頭 その21 関市洞戸栗原のチャート層と珪質泥岩 :関市洞戸通元寺と栗原の境界から国道256号を百数十m北進した地点の川沿いの露頭(南側)

イメージ
  「板取川沿いの地質、露頭その20」で紹介した露頭から上流に向かって百数十m進むと露頭があります。国道256号沿いにある洞戸通元寺と栗原の境界表示の百数十m北進した地点の下方に見られる露頭です。また、その北に露頭がもう一箇所あります。その露頭は次回(その22)で紹介します。露頭は南北に30mほど、東西に10mほどで、高さは水面から5mほどです。露頭の南側にはチャート層が、北側には珪質泥岩が見られますが、関係や境目はわかりませんでした。南側のチャート層は暗青灰色をしていて、層状チャートのように見えますが、チャート層とチャート層の間に挟まる泥岩層がはっきりとはわかりませんでした。北側の珪質泥岩は、暗灰色~黒色をした岩石です。 美濃帯堆積岩類中のチャートと珪質泥岩は、いずれも海洋プレートに堆積したものから形成されています。チャートは、深海に堆積した珪質(ガラス質)の殻をもった放散虫などの生き物の遺骸がもとになっています。砂や泥が届かないような遠洋で堆積したものです。珪質泥岩は、チャートが形成する場所よりは海洋プレートが大陸に近づいたところで堆積したもので、そのため、チャート形成のもととなっている放散虫の粒と泥が混ざった状態で堆積しています。チャートと珪質泥岩は、海洋プレートが年に数cm動きながら、遠洋の深海底から大陸に向かって動いてきたという長い道のりと長い時間に渡って堆積し続けてきたものです。 地質図において、×地点が露頭の位置ですが、灰色( Mmx )の中にあり、灰色はメランジュからなる地層です。ただし、「脇田浩二 (1995)5 万分の 1 地質図幅「美濃」地質調査所」では、珪質泥岩が分布することになっています。写真は五種類ありますが、上の写真はチャート層の部分(露頭の北側)を南東からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央付近を撮ったものです。真中の写真は珪質泥岩の部分(露頭の南側)を南からパノラマで撮ったもので、その中央付近を撮ったものが中下の写真です。下の写真は、真中の写真(または中下の写真)のハンマー付近を近づいて撮ったものです。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。中上と中下、下の写真は、同じような写真が2枚並んで

都市で見られる化石 その26(おまけ:横浜) :横浜ランドマークタワー内ランドマークプラザの化石

イメージ
アーバンジオロジーという言葉を聞いたことがありますか。「アーバン」は「都市」、「ジオロジー」は「地質学」ですから、都市の地質学ということになります。 「大阪市自然史博物館( 1996 )ミニガイド No.13 「ビルの石材 - アーバンジオロジー入門 - 」」には、「 街中で岩石や化石を調べたり観察したりする楽しみはアーバンジオロジーと呼ばれています。」と書いてあります。また、「後藤仁敏ほか( 1999 )地学教育と科学運動 32 号「ランドマークは化石の宝庫―横浜みなとみらい地区のアーバン地質学序説―」」には、「化石や岩石は野外で自然の状態のまま観察することが基本である。しかし、都市の石材はきれいに磨かれており、その点では野外で見るよりも、化石や鉱物をよく観察することができる。そこに、アーバン地質学(都市の地質学)の醍醐味があるのだろう。」と書かれてあります。本来、地質学( ジオロジー )は大地を調べることによって、地球が歩んできた歴史や出来事を明らかにするとともに、今後の地球の姿についても考えていく学問です。そのため、地球の一員である我々誰もが関わることができる、また関わるべき学問だと思います。特に都市(アーバン)においては、化石や岩石は探せばいたるところにあります。それを観察したり調べたりすることで、自然に興味をもち、自然を守ろうという意識を強く持つことにつながると考えます。そのようなアーバンジオロジーの観点で、今まで札幌市、東京都、名古屋市、大阪市などにおいて、1980年代から何冊か書籍が発刊されています。 今回は名古屋ではなく、私用で横浜に行きましたので、横浜市のランドマークタワー(1993年7月完成)で見られる化石を紹介します。 写真は8枚ありますが、いずれも横浜ランドマークタワー内ランドマークプラザの写真です。上から5枚目までの写真はランドマークプラザの柱に見られるアンモナイトで、いずれの石材もイタリア産のペルリーノロザートです。1番上の写真は2階の柱で、その赤丸の位置を近づいて撮ったものが2枚目の写真です。3枚目の写真は3階の柱で、その赤丸の位置を近づいて撮ったものが4枚目の写真です。いずれもアンモナイトです。5枚目の写真は、4階の柱で見られるアンモナイトの化石です。ランドマークプラザの柱は同じ石材ですので、他の柱にもアンモナイトは入って

都市(名古屋)で見られる化石 その25 :松坂屋本館の階段の手すりや壁のアンモナイト

イメージ
化石が入った日本の石材(例えば、岐阜県大垣市赤坂の石灰岩)は、以前は建材として使われていました。歴史的な建造物には、今でも日本の石材が残っている場合があります。しかし、現在日本の石材は採掘場の閉鎖などにより、建材として使われることはなくなり、石材が使われるとしても外国産です。都市の大規模なビルや施設では、現在でも建材として大理石(石灰岩を含む)などが使われています。そのため、都市では化石の入った石材が見られます。しかし外国の石材でも、以前は使われていたものの、資源の枯渇による採掘場の閉鎖や石材価格の高騰など様々な理由によって、日本の市場から姿を消した石材もあります。姿を消した代表的な輸入石材は、イタリア産 のネンブロロザートです。 松坂屋の本館には残っていますが、 最も初期に輸入された大理石の一つで、アンモナイトが入っています。現在、ビルの解体や改築、改修などは頻繁に行われますが、以前と比べると化石が入った石材が減っています。化石は限りあるものですから、掘りつくしてしまうとこの世から消えてしまいます。だから、都市のビルなどにある化石も多くの人が興味をもち、残していくことを願わないと本当になくなってしまいます。以前(2000年)、大野寛次、下坂康哉著「名古屋+周辺ビル街の化石・鉱物わくわく探検隊」という本が出版され、名古屋市内多くのビル内の化石が紹介されましたが、その頃にあったビル内の化石は現在ではかなりなくなっています。 写真は7枚ありますが、いずれも松坂屋本館の階段の手すりや壁の写真です。1番上の写真は、化石が残っている階段の写真です。上から2番目、3番目、4番目の写真は黒い枠がしてあり、アンモナイトの化石がわかるようになっています。下3枚の写真には黒い枠はついていませんが、アンモナイトの化石です。特に1番下の写真のアンモナイトは部分的に切れていますが、直径が27cm以上あり大きいです。下3枚の写真にはスケールが入っていますが、指を一緒に撮った写真から長さを読み取ってつけたものですから、正確さはやや欠けます。 美濃地学 - 地学のおもしろさを、美濃から (minotigaku.com)

都市(名古屋)で見られる化石 その24 :松坂屋南館2(10階レストラン街エレベーター前の壁の巻貝(ネリネア)・エスカレーター近くの柱の厚歯二枚貝)

イメージ
  松坂屋南館の10階はレストラン街ですが、エレベーター周辺とエスカレーター周辺で化石が見られます。エスカレーターは8階マツザカホールに直通で、周辺は7、8階で見られる 淡いグレーの アウリジーナ・フィオリータ(イタリア産)という石材が連続的に使われています。そのため、厚歯二枚貝が所狭しと入っています。一方、エレベーター周辺はベージュ色をした石材で、イタリア産のフィレットロッソと思われます。中には、巻貝(ネリネア)が多く見られます。 義務教育の中では中学校1年の理科「大地の成り立ちと変化」で、化石について学びます。中学校の学習指導要領の中に「化石については、示相化石及び示準化石を取り上げること」となっています。示準化石は地層の堆積した時代の推定に役立つ化石のことで、示相化石は地層が堆積した環境を推定するのに有効な化石のことです。示準化石としては三葉虫、アンモナイト、貨幣石が、示相化石としては 造礁サンゴが有名です。建築石材中の化石には三葉虫は見つけられませんが、あとの化石はけっこう見られます。ここで紹介しているアウリジーナ・フィオリータという石材は、厚歯二枚貝を多く含んでいるので、中生代に堆積したことがわかります。貨幣石は新生代に現われ繁栄した有孔虫ですが、貨幣石が見られれば、新生代に堆積したものであることがわかるとともに、中生代末に絶滅したアンモナイトや厚歯二枚貝などとは一緒に出ることはないのです。 写真は6枚ありますが、いずれも松坂屋南館10階の写真です。上4枚はエレベーターの周辺で、下2枚はエスカレーターの周辺で撮りました。1番上の写真はエレベーター№2と3の間を撮ったもので、赤丸の位置を近づいて撮ったものが2枚目の写真です。№1のエレベーターに向かって右側手前の壁を撮ったものが3枚目、4枚目の写真です。2~4枚目の写真にはいずれも巻貝(ネリネア)が写っています。下から2枚目の写真は上りエスカレーター横の柱を撮ったもので、近づいて厚歯二枚貝を撮ったものが1番下の写真です。近づいて撮った写真にはスケールが入っていますが、指などを一緒に撮った写真から長さを読み取ってつけたものですから、正確さはやや欠けます。 美濃地学 - 地学のおもしろさを、美濃から (minotigaku.com)

都市(名古屋)で見られる化石 その23 :松坂屋南館1(1階入口エレベーター前の床のアンモナイト、7階美術館ロビーの壁・8階マツザカホールロビーの壁の厚歯二枚貝)

イメージ
  松坂屋南館の7階美術館ロビーの壁、8階マツザカホールロビーの壁には、厚歯二枚貝が所狭しと入っています。この石材は、「都会で見られる化石その7」で紹介したミッドランドスクエアー3階の壁と同じです。イタリア北東部の白亜紀の地層(約 8000 ~ 7000 万年前)から切り出されたアウリジーナフィオリータと呼ばれる石灰岩です。厚歯二枚貝については「都会で見られる化石その7」で紹介しましたので、そちらを見ていただけるとありがたいです。 南館の1階、入口のエレベーター近くの床には、イタリア産のペルリーノロザートという石材が使われていて、アンモナイトが確認できます。アンモナイトは、化石だけを見ると貝類のように思われがちですが、頭足類と呼ばれるタコやイカの仲間です。古生代に誕生し、中生代末まで大繁栄をしました。そして、中生代白亜紀末(約6600万年前)に恐竜(鳥類は除く)とともに地球上から姿を消しました。見た目似ているオウムガイは、現在まで生き残っています。アンモナイトとオウムガイは似ていますが、化石を見る時に見分け方があります。渦巻状のところに仕切り(隔壁と呼びます)がありますが、アンモナイトは成長方向(軟体部がある方向)に対してふくらんでいますが、オウムガイはへこんでいます。また、渦巻の中心部の巻きはじめの殻(初期室と呼ぶ)がアンモナイトは球状の小さな部屋としてありますが、オウムガイは特にありません。ただし、この違いはアンモナイトの横断面が見られても、隔壁が見にくかったり、断面が中心を通っていなかったりすると、建築石材の中に入っているアンモナイトではわかりにくいかもしれません。 写真は7枚ありますが、いずれも松坂屋南館の写真です。上4枚は8階と7階の壁でアウリジーナフィオリータという石材と厚歯二枚貝、下3枚は1階入口エレベーター前の床でペルリーノロザート(ピンク色の部分)という石材とアンモナイトです。1番上の写真は8階のマツザカホールのロビーの壁で、化石(厚歯二枚貝)が多く入っているのが少し離れていてもわかります。2番目の写真は、同じく8階の壁を近づいて撮ったものです。上から3、4番目の写真は、7階の美術館の出口近くの壁を近づいて撮ったもので、確認できる化石は厚歯二枚貝です。下から3枚目の写真は松坂屋南館の1階エレベーターホールの床を撮ったもので、濃いピンク色の石