県内美濃地方編 その18 美濃加茂市・可児市周辺8 可児市柿下の平牧層(軽石を多く含む凝灰岩) :可児市柿下の小さな公園内の露頭

 県道83号多治見白川線の可児市柿下交差点の東側200mほどのところに小さな公園があり、その公園内に横穴(戦時中に掘られたもの)があります。その両脇に露出している地層は瑞浪層群の平牧層です。県道84号土岐可児線と県道83号が交差する久々利交差点を南へ進むと約600mで山沿いに進む道に分かれますが、そこを山沿いに進み300mほどで公園があります。

平牧層は約1800万年前に火山活動が活発となり、その火山噴出物が浅い湖沼に堆積したことで形成された地層と考えられていますが、ここには凝灰岩層、凝灰質砂岩層が露出しています。特に、長径が0.5~1cmほどの見かけ上楕円形をした白い軽石が多量に入っている部分が見られます。

 写真が四種類ありますが、上の写真は公園内の露頭を南西からパノラマで撮ったものです。中上の写真は上の写真の中央部を同じく南西から撮ったもので、中下の写真は北西から斜めに撮ったものです。下の写真は白色の軽石が多く入っている部分を近づいて撮ったもので、写真の縦は5.5cmです。中上と中下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下にある黒丸または白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山