県内美濃地方編 その56 関市・郡上市周辺2 関市鮎之瀬橋の上流の層状チャートと砂岩泥岩互層 :関市重竹長良川左岸層状チャート、関市池尻長良川右岸砂岩泥岩互層

関市の小瀬鵜飼は長良川鮎之瀬橋上流で行われる。鮎之瀬橋の上流において、長良川左岸(南側)はごつごつした岩が見られ、一方長良川右岸(北側)は川原が広がり、背の低い岩が点在しています。この地形の違いは、長良川の左岸側には層状チャートが分布し、右岸には砂岩泥岩互層が分布しているためと考えられます。チャートは、ガラス質の殻をもった放散虫などの微生物からなっていて、硬い岩石です。そのため、層状チャートと砂岩層など(ここでは砂岩泥岩互層)が隣接して分布していると、層状チャートは侵食されにくく、地形は険しくなり、一方砂岩層は侵食されやすく、地形はなだらかになるという違いが出てくる場合があります。

写真が四種類ありますが、上の写真は鮎之瀬橋の東北東600mほど(直線距離)の層状チャートを北からパノラマで撮ったもので、中上の写真は近くにある甌穴を西から撮ったものです。場所は関市重竹の河川施設(重竹逆水樋門)の北西50mほどのところです。中下の写真は、対岸の川原に露出している砂岩泥岩互層を南から撮ったもので、その砂岩泥岩互層を近くから撮ったものが下の写真です。写真の縦は20cmです。砂と泥が混ざったものが流れ込んだ時、水の中では、粒子が粗い砂は下に、その上に粒子の細かい泥が堆積します。下から連続的に砂→泥が堆積し、シャープな面で急に砂が堆積し、また連続的に砂→泥が堆積します。下の写真を見ると、写真の下部に黒っぽい泥岩があり、シャープな境界で灰色の砂岩が分布し、上位へはだんだんと色が黒っぽくなっていて泥岩が堆積しています。つまり、写真の上方が堆積時の上方です。中上と中下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の●を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山