都市(名古屋)で見られる化石 その6 :名古屋駅近辺ミッドランドスクエア1階

 今まで、名古屋地下街からの出入口、ゲートウォーク、タワーズプラザ12階を紹介しました。いずれも石材がジュラマーブルイエローですから、アンモナイト、ベレムナイト、海綿動物などが多く入っています。特別に探そうとしなくても、形などが頭の中に入っていれば、ほんの数分で化石を複数見つけることができると思います。

名古屋駅前のミッドランドスクエアは1階の床や柱、3階の柱や壁に化石が見られます。1階の床ではアンモナイト、巻貝、サンゴが、1階と3階の柱ではサンゴが、3階の壁では厚歯二枚貝が見られます。1階の床は、トルコ産の「クレマヌォーバ」と呼ばれるベージュ色の石材で、中生代白亜紀の石灰岩のようです。クレマヌォーバという石材にはウミユリやサンゴの化石が多数含まれているようです。巻貝、アンモナイトの化石も見られます。

アンモナイトが化石として残っているといっても、残っているのは一部で炭酸カルシウムの部分だけです。本体部(軟体部)は現在のイカやタコの体と同じようなものなので、まず残ることはありません。炭酸カルシウムの部分も、決して残りやすいというわけではありません。炭酸カルシウムはアルカリ性であるため、酸性で中和されると溶けてしまいます。ですから、炭酸カルシウムでできたアンモナイトの殻なども、すべてが残るわけではないのです。たまたま残ったその時期(中生代白亜紀)の生物の殻(遺骸)を見ているのです。現在、石材の中に多くの化石を見ることができるということは、当時はかなりの量の生物が棲んでいたと考えられます。失うと二度と見ることができない貴重なものを目の前にしていると認識したいです。人々がそれを石材として切り出し、国をまたいで移動させた結果、現在トルコの地質の一部をつくっている中生代白亜紀の海洋で生きていた生物の化石を見ることができるのです。それを素晴らしい機会だと考えて、興味をもっていただき、地球の歴史を感じていただけるとよいと思っています。

写真は6枚ありますが、いずれもミッドランドスクエア1階の写真です。1番上の写真はレクサスギャラリー前の床の一部を撮ったもので、赤丸の中(アンモナイト)を近づいて撮ったものが2番目の写真です。3番目と4番目の写真もレクサスギャラリー近くの床を撮ったもので、巻貝です。5番目の写真は、1階の床でサンゴを撮ったものです。1番下の写真は柱の一部を撮ったものです。石材は暗灰色で白い筋が入っているので、フランス産のヘンリー4世という石材のように思いますが、確認はとれてないです。中に入っているのはサンゴだと思います。1番上の写真以外はスケールを示してありますが、指などを一緒に撮った写真から長さを読み取ったため、正確さはやや欠けます。







コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山