長良川沿いのメランジュ その4

 

長良川沿いのメランジュ その4

 メランジュは泥岩などの基質中に、数センチメートルから数キロメートルに達する様々な大きさ・種類の岩塊が含まれている。そのため、泥岩中に数cm~数十cm径の砂岩が入っている岩体に接して、チャートなどの数mの岩体が存在することもあります。郡上市美並町大原下田橋下流のメランジュを紹介します。

 国道156号線を北上し、郡上市美並町に入ります。道の駅美並を越え、「子宝の湯」の表示板を過ぎ、左手に吉田小学校を越してしばらくすると、下田橋を渡ります。そこを右折し、長良川の左岸側を南(下流)に400mほど進むと道路脇にスペースがあります。そこで川原を眺めると岩が露出しているのがわかります。

上の写真は東から撮ったもので、同じ岩を南西から撮ったものが真中の写真です。東側から見ると、右側がチャート層で、左側が混在岩からなっています。真中の写真は南西(混在岩の方)から撮ったものですが、黒っぽい泥岩中に数cm~数十cm径の灰色をした砂岩が入っているのがわかります。一番下の写真は、チャートと砂岩が直接接しているものですが、東から撮ったものです。それぞれの写真の下の白丸や黒丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山