県内美濃地方編 その42 恵那市・中津川市周辺9 中津川市下野の上野玄武岩 :中津川市下野東組国道256号沿いの露頭

  国道256号の中津川市「下野交差点」から、国道256号を椛ノ湖方面(東)へ向かい、約1.8kmのところ(北東側)に露頭があります。上野玄武岩と呼ばれる玄武岩質溶岩が露出しています。中津川市坂下(旧坂下町)北~西部には、木曽川からの比高が120~180mの台地(上野台地)があり、厚さ100mほどの玄武岩質溶岩が分布しています。玄武岩質溶岩は粘り気が小さいため、平らな台地状の地形を形成することが多いです。上野玄武岩は約140万年前に噴出した溶岩で、細粒で緻密な灰色をした岩石です。割れた面を見ると、一定方向に白い筋が並び、溶岩が流れたことを示す構造(流理構造)が見られます。玄武岩質溶岩は風化すると、比較的に多く含まれている鉄やマグネシウムの成分が雨水などによって溶け出します。そのため、土壌が赤~紫っぽい色になります。上野台地では暗赤褐色の土壌が各地で見られます。

写真が四種類ありますが、上の写真は国道256号沿いの露頭を西側からパノラマで撮ったもので、その上の写真の中央右側を撮ったものが中上の写真です。中下の写真は玄武岩を接写したもので、写真の縦は3.5cmです。下の写真は暗赤褐色の土壌を撮ったもので、下野交差点から国道256号を椛ノ湖方面(東)へ向かい約2.3kmのところ(玄武岩の露頭のさらに500mほど東へ進んだところ)で撮影しました。中上の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山