長良川本流沿い露頭編 その13 美濃市立花の長良川鉄道鉄橋下の砂岩泥岩互層 :美濃市立花右岸河床露頭(立花の長良川鉄道鉄橋、東海北陸高速道橋梁のほぼ下)

   長良川鉄道下りの湯の洞温泉口駅から洲原駅間において、途中で長良川を渡ります。東海北陸道も長良川鉄道のほぼ上を通っています。鉄橋を渡るとすぐにトンネルに入りますが、渡った長良川の右岸側(北側)に露出しているのが砂岩泥岩互層です。砂や泥の混じったものが海底の斜面で移動し流れ込む時、粒子が粗い砂は下に、その上に粒子の細かい泥が堆積します。何回も繰り返して流れ込むと、砂と泥が縞状になって堆積し、それが固結し岩石になったものが砂岩泥岩互層です。ここで見られる砂岩泥岩互層は、数cm~20cmの厚さの暗青灰色の砂岩層に、1cm~数cmの厚さの黒色の泥岩層がはさまっている状況ですが、全体的には砂岩層が目立っています。また、この露頭の西へ400mほど進んだ長良川右岸には、チャート層が露出しています。

地質図において、×地点(立花の長良川鉄道鉄橋下右岸)には黄色(Mss)であるおもに砂岩からなる地層が分布していますが、オレンジ色(Mch)であるおもにチャートからなる地層も近くに分布しています。写真が四種類ありますが、上の写真は長良川鉄道の橋脚近くの砂岩泥岩互層を北からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央部を撮ったものです。中下の写真は、上の写真のハンマーの置いてある位置に近づいて撮ったものです。下の写真は、ほぼ同じ露頭を西から撮ったものです。スケールとして置いてあるハンマー、シャープペンシルの長さはそれぞれ約28cm、約14cmです。中上と中下、下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供)






コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山