長良川本流沿い露頭編 その24 美濃市下河和下の砂岩層中に細礫が多い部分 :美濃市下河和下左岸露頭

   美濃市横持から長良川左岸沿いに上流に向かって下河和方面へ進むと、長良川の流れは北西→南東から北→南へ変わります。流れが北→南へ変わってから100mほど進むと、左岸(東側)に砂岩層の露頭が広がっています。露頭は砂岩層からなっていますが、ところどころに砂より粒が大きい礫(細礫:2mm~4mmの大きさの礫をさします)が入っている部分が見られます。砂岩層は中粒~細粒の砂からなっていて、全体的には淡黄灰色を示しています。その中に、数mm~5mmほどの細礫が多く入る部分があり、礫としては泥岩(角礫)、チャート、砂岩などが確認できます。

地質図において、露頭地点(×点)は黄色(Mss)のおもに砂岩からなる地層が分布しています。すぐ北には、オレンジ色(Mch)のおもにチャートからなる地層が分布しています。写真が四種類ありますが、上の写真は細礫が多く入っている露頭を西からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央部を撮ったものです。中下の写真は細礫が多く入っている部分を撮ったもので、上の写真、および中上の写真に写っているハンマーの右上に当たります。下の写真は、細礫が多く入っている部分を接写したもので、写真の縦は5cmです。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。中上の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下部の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供)






コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山