長良川本流沿い露頭編 その106 八幡町と美並町の境界付近左岸の玄武岩質溶岩の板状節理 :八幡町と美並町の境界付近左岸露頭

   前回「長良川本流沿い露頭編その105」で紹介したドロストーンを含んだ層状チャートの露頭から東へ70mほど進んだところに、玄武岩質溶岩の板状節理の露頭が見られます。板状節理は火成岩(火山岩)の表面にほぼ平行に生じた割れ目で、板を重ねたように見えるものです。でき方は明確にはわかっていないようで、いくつかの説があります。溶岩の流れの方向にはたらく力によって、面がすべるように作用するために平行に割れ目が生じるという説。柱状節理と同様に、溶岩の堆積収縮で形成されるという説。固まりかけの溶岩が横方向に流れている場合、端に地形的な障がいがあったり、端がいち早く冷え固まったりして、それ以上流れることができないと、行き止まりとなり、後からの溶岩に押され流れの方向に圧縮されることになります。その結果、上下方向に厚くなることで、平行に割れ目が生じるという説。最後の説は、例えばノートを机などに置き、横から力を加えると、ノートの真中が上方向に盛り上がり、ノートの一枚一枚が離れた状態になるというイメージです。ここの露頭では、板状節理は平行な割れ目と割れ目の間の幅が5mm~3cmのところが多く、最大は5cmほどのところもあります。また、板状節理の見られる上位は、枕状溶岩のような状態(はっきりはしませんが)になっています。

地質図において、長良川沿いの八幡町浅柄~貝付周辺は緑色(Mbs)が広く分布し、その中にオレンジ色(Mch)が点在します。玄武岩質溶岩の板状節理の露頭(×地点)は、緑色の中にあります。緑色はおもに玄武岩質火山岩類(緑色岩)からなる地層で、オレンジ色はおもにチャートからなる地層です。写真が五種類ありますが、上の写真はこの露頭を西からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央少し右側を撮ったものです。ハンマーの左右に板状節理が見られます。真中の写真は、上の写真(または中上の写真)のハンマー付近を近づいて撮ったものです。横方向に多くの平行な割れ目(板状節理)があるのがわかると思います。中下の写真は、中上の写真の露頭を北から撮ったものです。下の写真は同じ露頭の違う部分を北西から撮ったもので、枕状溶岩のように見える玄武岩質溶岩があります。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。中上と真中、中下、下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供)







                                 地質美濃・美濃地学minotigaku (google.com)

                美濃地学 - 地学のおもしろさを、美濃から (minotigaku.com)

コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山