長良川本流沿い露頭編 その110 八幡町貝付のチャート-ドロストーン互層 :郡上市八幡町西乙原貝付右岸河床露頭(高速道路の西側橋脚北西25mほどの河床)

  長良川本流沿い露頭編その98、99、105」で、ドロストーン(苦灰岩)をはさむ層状チャートや、チャートとドロストーンが繰り返して積み重なる岩石(チャート-ドロストーン互層)を紹介しました。八幡町貝付の高速道橋脚(西側)の近くでも、チャートとドロストーンの互層が見られます。ドロストーンはドロマイト(CaMg(CO3)2)からなる岩石で、ドロマイトは石灰岩を構成しているCaCO中のカルシウム分が海水中でマグネシウムに置き換わったものと考えられています。以前も書きましたが、チャートと石灰岩、ドロストーンは形成条件がまったく違う(チャートは深い海で形成、石灰岩・ドロストーンは浅い海で形成)ため、チャートとドロストーン、チャートと石灰岩が互層しているように見える産状の形成過程は正確にはわかっていないようです。

ここのチャート-ドロストーン互層の露頭は、淡褐灰色をした10cm~35cmの厚さのドロストーンと、淡青灰色~淡灰色をした数cm~15cmの厚さのチャートが交互に堆積しています。ドロストーンとチャートの境界は明瞭です。長良川本流沿い露頭編その98、99、105」と比べると、ドロストーンは厚く、平行に層が続いています。また、チャート層の中に細長くドロマイトが入る部分も見られます。

地質図において、このチャート-ドロストーン互層の露頭(×地点)は緑色(Mbs)の玄武岩質岩石からなる地層の中にあります。周辺には、オレンジ色(Mch)のおもにチャートからなる地層が点在していますので、それと同様のものが露出していると思われます。写真が五種類ありますが、上の写真はチャート-ドロマイト互層の露頭を東からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央少し右側を撮ったものです。白っぽいのがチャートで、淡褐灰色のものがドロストーンです。真中の写真は、中上の写真と同じ場所を撮ったものです。中下の写真は、中上の写真に写っているハンマーの左下に記入してある「チャート」の左付近を近づいて撮ったものです。中央のチャート層(淡青灰色)に、5mmほどの細長レンズ状の淡褐灰色のドロストーンが入っているのもわかります。下の写真は、同じ露頭の他の場所を北から撮ったもので、ここでもチャートとドロストーンが交互に積み重なっているのがわかります。スケールとして置いてあるハンマー、黄色の定規の長さはそれぞれ約28cm、約20cmです。真中と中下、下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供)






                                 地質美濃・美濃地学minotigaku (google.com)

                美濃地学 - 地学のおもしろさを、美濃から (minotigaku.com)

コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山