長良川本流沿い露頭編 その157 大和町名皿部河川内露頭の層状チャート :郡上市大和町名皿部の右岸寄りの河川内露頭(大和町下剣の金剱神社対岸)

   地質図を見るとわかりますが、郡上市大和町の長良川沿いには広く砂岩層(砂岩泥岩互層や泥岩層を含む)が分布します。その中で、大和町名皿部では小規模にチャート層が分布しています。ここでは、長良川の水面上に露出している層状チャートが見られます。ただし、水量が多いときは水面下です。場所は、長良川鉄道「郡上大和駅」の西にある金剱神社の西側の長良川右岸寄りです。河川内の露頭は、南北80mほど、東西40mほどがほぼ連続して露出していますが、水量によっては水面上に露出する状況が異なります。ここの層状チャートは、数cm~10数cmの厚さのチャート層に、灰色をした薄い(数mm厚)泥岩層がはさまっています。チャート層の色は様々あり、白色、淡灰色、淡緑灰色、暗青灰色、黒色などが見られます。
地質図において、この層状チャートの露頭(×地点)は、広く分布する黄色(Mss)内に小規模に存在するオレンジ色(Mch)の中にあります。黄色はおもに砂岩からなる地層で、オレンジ色はおもにチャートからなる地層です。写真が四種類ありますが、上の写真は層状チャートの露頭を南西からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央部を撮ったものです。中下の写真は、上の写真(または中上の写真)に写っているハンマー付近を近づいて南南西から(少し右側から)撮ったものです。下の写真は、同じ露頭を北西から(左側から)撮ったものです。スケールとして置いてあるハンマーの長さは約28cmです。中上と下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。
            
           (地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供)




                      

コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山