板取川沿いの岩石 その10(関市洞戸尾倉:破断した砂岩泥岩互層)

  洞戸栗原から洞戸高見にかけて、板取川沿いに分布する美濃帯堆積岩類は、主にチャート層と破断した砂岩泥岩互層です。洞戸尾倉の板取川沿いには、破断した砂岩泥岩互層が見られます。洞戸尾倉では、板取川は東へ大きく曲がっています。その曲がっている板取川沿いには砂岩泥岩互層が露出していますが、本来層状である砂岩はレンズ状やちぎれた形状となっています(破断した砂岩泥岩互層)。

関市洞戸事務所東の国道256号を北進し、尾倉の集落に入ると川が東へ大きく曲がっていますが、その北東の道路沿い(集落の北東橋)に商店と消防団の車庫があります。消防団の車庫の脇から川原へ下りることができます。川原へ下り、下流に向けて進むと破断した砂岩泥岩互層が露出しており、しばらく連続して見ることができます。

写真が三種類ありますが、上の写真は破断した砂岩泥岩互層を南から撮ったもので、真中の写真は上の写真の一部を近づいて撮ったものです。下の写真も破断した砂岩泥岩互層を近くから撮ったものです。黒っぽいのが泥岩で、灰色っぽいのが砂岩です。砂岩層がレンズ状やちぎれた形状をしているのがわかると思います。上の写真は同じような写真が2枚並んでいますが、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、下の白丸を重ね合わせるようにすると立体的に見えます。




コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山