長良川沿いのチャート層 その8

 

長良川沿いのチャート層 その8

岐阜県で甌穴と言えば、飛騨川沿いが有名ですが、長良川沿いにもきれいに深く削られている自然の造形が見られる場所があります。

国道156号線を美濃市市街から北上し、郡上市美並町に入り、道の駅「美並」の手前500mほどのところに右斜め上に進む細い道があるので、そこを通ると長良川を渡る橋(白石橋)があります。そこを渡りつきあたりを左(北東)に曲がると、県道324号白山美濃線です。北東へ進み、400mほど進んだ道路脇にスペースがあります。車を止めて、50mほど戻って道路から川の方を望むとチャート層が露出していますが、一番上の写真のように甌穴が見えます。降りられるところを探し、甌穴に近づくと、見えていた甌穴の南5mほどのところにも深さが2m以上の甌穴があります。両方ともチャート層にできた甌穴です

写真が三種類ありますが、一番上の写真は県道324号線から見える甌穴です。真中の写真は道路からでも見える甌穴ですが、穴の直径は80cmほどで、深さは40cmほど(本当は160cmほど削られている)です。一番下の写真の甌穴は穴の直径が90cmほどで、深さは240cmほどです。中と下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下にある左の●と右の●を重なり合わせるように見ると立体的に見えます。真中の写真のスケールは1mです。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山