長良川鉄道の車窓からみた岩石 その7

 

8月20日の「長良川沿いのチャート層その5」、9月10日の「長良川沿いのメランジュその5」、9月22日の「長良川沿いの珪質粘土岩その5」と同じ場所を長良川鉄道の車窓から眺めることができます。下り列車の場合、美濃市駅を出てから約31分で赤池駅に着きますが、その20秒ほど手前で鉄橋を通ります。手前の苅安駅を出てから1分40秒ほどです。鉄橋を渡っている間、車窓右側に広く岩石が露出しているのが見えます(上の写真)。手前(写真では下部)に見えるのは混在岩で、奥(写真では中央部から上部)に見えるのはチャート層です。

写真が二種類ありますが、上の写真は列車の車窓から撮ったもの、下の写真は列車から降りて川に近づいて南東から撮ったものです。



コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山