長良川鉄道の車窓からみた岩石 その8

 

長良川鉄道の赤池駅の西にも東にも長良川を渡る鉄橋があります。その鉄橋から長良川沿いに露出する岩石を眺めることができます。下り列車の場合、西の鉄橋から20秒ほどで赤池駅に到着します。その露出する岩石の様子は「長良川鉄道の車窓からみた岩石その7」で紹介しました。

赤池駅を出てから30秒ほどで東の鉄橋を渡りますが、車窓の右側から岩石が眺められます。鉄橋を渡った側(長良川左岸側)に混在岩とチャート層が露出しています。

写真が三種類ありますが、上の写真は列車の右側車窓から撮ったもの、真中の写真は長良川左岸で北より撮ったものです。ハンマーが写っている手前は混在岩で、奥に写っているのがチャートです。ハンマーの右上に写っているのはコンクリートの大きなブロックです。下の写真は真中の写真でハンマーが写っている付近を近づいて撮ったもので、混在岩です。ここの混在岩は泥岩の基質に砂岩とチャートの岩塊が入っています。




 

コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山