板取川沿いの岩石 その2(美濃市片知穴洞の北:花崗斑岩)

 

板取川沿いの岩石 その2(美濃市片知穴洞の北:花崗斑岩)

 「板取川沿いの岩石その1」と同じように、美濃市から関市洞戸に向かう県道81号美濃洞戸線で美濃市片知穴洞にある穴洞橋まで行き、その橋を西に渡り、右折します。400mほど北進すると、切り通し道があります(そこから川へ下りると「その1」のチャート層の場所)。そこを越えて350mほど北進すると、川原へ下りる細い道があります。川原へ下り、150mほどもどる方向へ(南へ)歩くと、板取川右岸に数10mにわたって岩石が露出しています。片知川が板取川に合流している場所の下流へ100mほどの対岸の位置です。露出しているのは、美濃帯堆積岩類に貫入している花崗斑岩です。淡灰色をしていて、石英は5mmほどの大きさのものが入り、数mm~5mmほどの大きさのカリ長石や斜長石が点在しています。

写真が四種類ありますが、上の写真は南から撮ったもの、中上の写真は北から撮ったものです。中上の写真で遠くに数mmの大きさで小さく板取川右岸に写っているのは「その1」で紹介したチャート層です。中下の写真は花崗斑岩を接写したものです(写真の縦は7cm)。下の写真は、片知川の合流付近から対岸の山を撮ったもので、花崗斑岩です。上、中上の写真の場所のほぼ上に見られる花崗斑岩です。上、中上、下の写真は、同じような写真が2枚並んでいますが、それぞれの写真の下の●を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山