板取川沿いの岩石 その7(関市洞戸栗原の南:珪質泥岩と貫入岩)

 

板取川沿いの岩石 その7(関市洞戸栗原の南:珪質泥岩と貫入岩)

 板取川沿いで、洞戸通元寺と栗原の境界の北側に珪質泥岩が分布しています。美濃市から関市洞戸に向かう県道81号美濃洞戸線で、突き当りである関市洞戸事務所前交差点まで進み、右折して国道256号を北進します。栗原の表示を過ぎ、200m強進むと、自動車整備工場がありますので、手前を右折しすぐのところに川原に下りる細い道があります。以前(9年前)は珪質泥岩が露出しているところまですぐに行けましたが、現在は露出しているところは見えるのですが、草木が伸び、薮のためなかなかたどり着けませんでした。国道256号の歩道の下に露出しています。

写真が三種類ありますが、上の写真は珪質泥岩を南から撮ったものです。写真で黒っぽく見えるのが珪質泥岩で、やや褐色に見えるのが貫入岩です。液体であるマグマが泥岩に入り込み冷え固まった岩石です。苦鉄質の岩石だと思われます。真中の写真は貫入岩に近づいて撮ったものです。下の写真は同じく南から撮ったものですが、珪質泥岩を中心に撮りました。上と下の写真は同じような写真が2枚並んでいますが、それぞれの写真の下の黒丸または白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山