板取川沿いの岩石 その24(関市板取川浦谷:川浦谷花崗岩)

 

板取川沿いの岩石 その24(関市板取川浦谷:川浦谷花崗岩)

 板取川の最上流部の山地は深いV字谷になっていて、見事な峡谷をつくり出しています。この川浦(かおれ)峡谷付近は、風化しやすい花崗岩でできています。この花崗岩(川浦谷花崗岩)は長径4.8km、短径2.5kmの岩体です。岩体の主体は中粒の花崗岩ですが、花崗斑岩の岩相を示す部分も多くあります。花崗岩は主に2~5mmの石英・カリ長石・斜長石・黒雲母からなり、角閃石などの鉱物を含みます。この地域は豪雨地域ということもあり、花崗岩の垂直方向にできている節理に沿って侵食が進み、険しい谷になったと考えられます。

写真が四種類ありますが、上の写真は川浦渓谷の表示板の手前の橋(川浦2号橋)から撮ったものです。中上の写真は川浦渓谷の遊歩道沿いに見られる花崗岩を撮ったもので、中下の写真は近づいて撮ったものです。黄色のスケールは20cmです。下の写真は花崗岩を接写したもので、写真の縦は6cmです。上と中上、中下の写真は同じような写真が2枚並んでいますが、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、下の白丸または黒丸を重ね合わせるようにすると立体的に見えます。




コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山