津保川沿いの岩石 その8(関市富之保岩:玄武岩質溶岩)

 岐阜県美濃地方に広がる美濃帯堆積岩類には、海底にたまった堆積岩だけでなく、火山噴出による溶岩などもあります。断片的な分布ですが、富之保岩の津保川沿いにマグマが冷え固まった玄武岩質溶岩が見られます。黒っぽい鉱物が多く含まれるため、冷え固まった玄武岩は一般的には黒っぽい岩石です。しかし、約2億9千万年~約1億4千万年前という大昔にできたものあるため、中に入っている鉱物が変質してしまい、緑色の鉱物に代わります。そのため、「緑色岩」とも呼ばれます。

県道58号関金山線を北進し、関市武儀事務所の前で左折し、県道63号を通りしばらく進みます。左折したところから、約1.8km進んだところに新粟野橋がありますが、そこで左側を眺めると、田んぼの中に墓地があるのが見えます。その墓地の西側の川原に玄武岩が点在しています。

写真が三種類ありますが、上の写真は露出している玄武岩を南から撮ったもので、真中の写真は近づいて玄武岩を接写したものです。写真の縦は5cmです。下の写真は上の写真で奥に露出している玄武岩から南西を向いて撮ったものです。上と下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下にある左と右の白丸、または黒丸を重なり合わせるように見ると立体的に見えます。






コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山