津保川沿いの岩石 その13(関市上之保向名倉:和田野礫岩)

 

津保川沿いでは、上之保宮脇の宮ヶ瀬~和田野~大之田にかけて和田野礫岩と呼ばれる礫岩が露出しています(富之保の一部でも露出しています)。この礫岩は、砂岩の中に砂岩・泥岩・チャート・石灰岩・玄武岩質火山岩類の礫を含む岩石からなりますが、ここ(上の写真の場所)では5mm~数cm径の角礫~亜角礫が多く、数cm以上の径をもつ礫はチャートばかりです。

武儀事務所から県道63号を津保川の上流に向かって進み、関市富之保を越え、上之保の温泉施設(ほほえみの湯)の分岐点で東へ右折し、名倉橋を渡ってすぐ左折します。300mほど北進し、近くに車を止めます。集落の一番北の家の前(西側)の空き地を横切り、川へ下りますと、礫岩が露出しています。温泉施設の西側の下にあたるところです。

写真が四種類ありますが、上の写真は対岸の道路(県道63号)から東側を撮ったもので、〇で囲ったものが写真を撮った礫岩です。中上の写真はその礫岩を南東から撮影したもので、中下の写真は礫岩を接写したものです。写真の縦は4.cmです。下の写真は中上の写真の礫岩上から南西を撮ったものです。中上と下の写真は、同じような写真が並んでいますが、それぞれの写真の下にある白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山