県外編 山梨県 その8 花崗岩でできている昇仙峡 :山梨県甲府市高成町昇仙峡

  昇仙峡(特別名勝としての指定名称は御嶽昇仙峡)は、富士川の支流である荒川の上流およそ5km(長潭橋~仙娥滝)にわたる渓谷です。一帯には新第三紀に形成された花崗岩が分布し、節理に沿って浸食され、両岸が切り立った崖に囲まれた深い谷となっています。昇仙峡の上流部には覚円峰がそびえ、覚円峰の向かいには天狗岩というゴツゴツした岩肌の山があります。滑らかな岩肌を持つ覚円峰とは対照的な眺めです。

写真が四種類ありますが、上の写真は静観橋(仙娥滝の上流の橋)の北から覚円峰を望遠で撮ったもので、中上の写真は手前に見える天狗岩と呼ばれる岩と奥に見える覚円峰を撮ったものです。この中上の写真では手前の天狗岩はゴツゴツした岩肌で、奥に見える滑らかな岩肌の覚円峰との違いがわかると思います。中下の写真は渓谷中で見られた崩れて落ちた岩石を撮りました。節理に沿って柱状に割れて落ちた花崗岩だと思います。下の写真は荒川にかかっている仙娥滝で、正面から撮ったものです。滝に近づいて南東から撮りました。いずれの写真も同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の下の白丸や黒丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山