県内美濃地方編 その2 各務原市周辺2 各務原層 その2 :各務原市蘇原申子町申子公民館南、各務原市鵜沼大伊木町大牧団地南、各務原市那加新加納少林寺南西の崖

  各務原層には5~10mmほどの径をもつ丸い黄褐色の粒が見られますが、火山から噴出した軽石です。軽石というと、灰色で多くの穴があいた軽くて少し硬い石というイメージがありますが、各務原層に入っている黄褐色の軽石はさわると簡単につぶれます。軽石の中の成分が粘土に変わりもろくなったためです。中には黄褐色ではなく、灰色のやや硬い軽石も入っていますが、性質がやや異なり、形成された時期も異なるようです。これらの軽石は御嶽火山の噴出物です。異なる時期(おおよそ6~10万年前)に御嶽火山から噴出した軽石が古木曽川の上流部にいったん堆積し、それらが古木曽川によって砂などといっしょに運ばれることで混ざって堆積したものが各務原層です。

各務原層は掘らなくても各務原台地の縁で見られるのですが、植物に覆われたり、人工的にコンクリートなどで覆われたりして実際にはなかなか見ることができません。ただし、北の縁は蘇原申子町の申子公民館の南で、南の縁は鵜沼大伊木町大牧団地の南で、東の縁は那加新加納の少林寺の南西の崖などで見られます。以前と比べると植物が茂って見にくくなっています。

写真が五種類ありますが、上の写真は蘇原申子町の申子公民館の南の露頭(地層など地面下の状況が見られるところ)を北東から撮ったもので、中上の写真は近づいて撮ったものです。黄褐色の丸い粒が軽石です。真中の写真は大牧団地の南の露頭を西から撮ったものです。中下の写真は那加新加納の露頭を南西から撮ったものですが、植物が茂っていて現在は各務原層がほとんど見えません。スケールは1mです。下の写真は新加納の露頭を10年ほど前に撮ったものです。上と真中、中下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の●を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山