県内美濃地方編 その12 美濃加茂市・可児市周辺2 可児市塩の蜂屋層 :可児市塩可児川沿い右岸

 瑞浪層群の蜂屋層は、美濃加茂市蜂屋町周辺から富加町、川辺町、八百津町、可児市塩付近などの広い範囲に分布し、ほとんどは火山角礫岩からなっています。火山角礫岩中の角礫は多くは安山岩で、基盤となっている美濃帯堆積岩類の砂岩やチャート、泥岩なども伴っています。礫の大きさは、5~20cmほどが多く、2mに達するものも含まれますが、角礫の大きさや密集の度合い、角礫の種類などは場所によってかなり変化しています。

蜂屋層が形成した時代にはまだ日本海は存在せず、日本列島の土台は大陸の東縁にありました。蜂屋層を形成した火山活動は、当時の大陸の内陸盆地に形成された湖の中で起きたと考えられているようです。

 写真が四種類ありますが、上の写真は県道122号の可児川に架かる橋(可児市塩)から北東を望んで可児川右岸を撮ったもので、川へ下りて南からパノラマで撮ったものが中上の写真です。中下の写真は、中上の写真の一部を南から撮ったもので、下の写真は近づいて撮ったものです。この露頭の火山角礫岩の礫は数cm~10cm径のものが多く、数10cm~50cm径のものもあります。上と中下、下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下にある白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。














コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山