県内美濃地方編 その26 土岐市・瑞浪市周辺1 土岐川沿いの美濃帯堆積岩と花崗岩の接触 :土岐市泉町久尻土岐川右岸露頭(深沢川合流部西へ約150m)

   土岐花崗岩は美濃帯堆積岩類を貫いて分布しています。その接触部が土岐市泉町久尻付近の土岐川沿いで見られます。中央自動車道と東海環状自動車道が交わる土岐JCTのほぼ南の土岐川沿いで、土岐川と支流の深沢川が合流している地点から西(下流)へ150mほどの右岸露頭で見ることができます。ただしこの近辺は、東(上流)の土岐市街地の土岐川とは違って、やや深い谷をつくっています。周辺に分布する美濃帯堆積岩類は主に混在岩からなるようで、砂岩や泥岩、チャートなどの岩塊が分布しますが、花崗岩による熱変成作用を受け、堅固になるとともに、元の岩石の特徴がわかりにくくなっています。接触部の露頭近くで見られる美濃帯堆積岩類は泥岩です。見かけ上、美濃帯堆積岩類はごつごつした印象であるのに対して、土岐花崗岩は角がなめらかでやや丸みをもつ印象です。

写真が四種類ありますが、上の写真は接触部付近の美濃帯堆積岩類と土岐花崗岩を南側からパノラマで撮ったものです。接触部付近の岩石の違いがわかりにくいため、岩石を直接割って確認はしましたが、点線で示した接触部は正確でないかもしれません。中上の写真は接触部付近を南から撮ったもので、中下の写真は近づいて接触部を撮ったものです。スケールのシャープペンの長さは約14cmです。下の写真は花崗岩を接写したもので、写真の縦は2cmです。中上の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、写真の下の白丸を重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山