県内美濃地方編 その16 美濃加茂市・可児市周辺6 可児市二野の平牧層 :可児市二野のトンネル北100mほどから南方へ入る小道のつきあたり

 美濃加茂盆地地域に分布する新第三紀層である瑞浪層群は、古い順に蜂屋層、中村層、平牧層で構成されています。平牧層は、約1800万年前に火山活動が活発となり、その火山噴出物が浅い湖沼に堆積したことで形成された地層と考えられています。可児市南部地域、御嵩町南部地域、犬山市北東地域に分布します。厚さは80mほどあり、凝灰岩層、凝灰質礫岩層、凝灰質砂岩層、凝灰岩質泥岩層、巨岩塊を伴う凝灰岩層、軽石質凝灰岩層など、ほとんど火山性の堆積層からなっています。

県道84号の羽崎交差点(可児市)から東へ進むと平牧地区センターの矢印がありますので、そこを南進し、平牧地区センターを越えてしばらくするとトンネルがあります。そのトンネル(可児市二野のトンネル)の手前(北側)100mほどに南東へ入る小道がありますので、そこを進みます。すると、つきあたりのところに露頭があり、地面から1mほどのところに約50cm幅の暗色をした凝灰岩が帯状に露出しています。そこには、火山ガラスや輝石の結晶が含まれています。ほかには、凝灰質砂岩層や凝灰質泥岩層が見られます。これらは平牧層の中の上部層に相当するようです。

写真が四種類ありますが、上の写真は小道を進んだつきあたりの露頭を西側から撮ったもので、中上の写真は同じ露頭を縦長で撮ったものです。中下の写真は同じ露頭を西から、下の写真は南西から撮ったものです。下の写真の右側に写っているスケールの長さは1mです。中下と下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下にある●を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山