県内美濃地方編 その36 恵那市・中津川市周辺3 恵那市岩村町に分布する濃飛流紋岩とそれを貫く伊奈川花崗岩 :恵那市岩村町上切徳祥寺入口南の支流河床露頭

 岩村町地域は巨大な分布域をもつ濃飛流紋岩の最南端にあたり、濃飛流紋岩の最初の活動期に属する溶結凝灰岩が分布します。また、伊奈川花崗岩はこの地域より南に広く分布し、さらに長野県まで分布するという巨大な岩体です。岩村町上切地域で2つの巨大な岩体が接し、伊奈川花崗岩が濃飛流紋岩に貫入しています。それが岩村町上切の徳祥寺入口南の支流河床で見られます。

写真が四種類ありますが、上の写真は濃飛流紋岩と花崗岩の接触部付近を南東から撮ったもので、その上の写真の中央右側を撮ったものが中上の写真です。中下の写真は、上の写真で伊奈川花崗岩と記入してあるところのすぐ下の部分を東から撮ったものです。下の写真は2つの岩石を接写したもので、左が濃飛流紋岩、右が伊奈川花崗岩です。両方とも写真の縦はほぼ4cmです。中上と中下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。







コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山