県内美濃地方編 その57 関市・郡上市周辺3 郡上市美並町釜ヶ滝のチャート(層状チャート) :郡上市美並町上田釜ヶ滝

   国道156号線沿いにある郡上市美並町の吉田小学校南の道路を西に進みます。3kmくらい進んだところから釜ヶ滝に進む遊歩道ができています。入口に茶店があり、そこを通り抜けたところから滝への遊歩道が始まります。行者の滝、三の滝、二の滝、一の滝の順に見学することになります。最初の行者の滝は遊歩道を歩いて1分ほどですが、5分ほどかかる三の滝を越えると、二の滝と一の滝は手すりが付いた階段を通ることになります。二の滝から一の滝に向かうには、つり橋を通ることになります。一帯は、チャート、砂岩、そして貫入岩である石英斑岩が分布します。4つの滝がかかっている岩石はチャートだと思われます。

 チャートは、砂や泥などが届かないような陸地から離れた海底に、ガラス質の殻をもった微生物(放散虫など)が堆積し、固まった岩石です。ガラス質のものがくっつき、固まったものであるため、硬く浸食されにくい岩石です。しかし、ガラスが割れやすいようにもろいです。もろく縦横に割れ目が入っているのです。割れ目が縦横に入っているのは、硬くてもろいものが付加体として陸地にくっつき、プレートの動きにしたがって、外から力を受け続けていることに起因しているのだと考えられます。縦横に割れ目が入っているため、段差ができ、崖になりやすく、そこに水が流れると滝になります。

 写真が四種類ありますが、上の写真は釜ヶ滝の三の滝を東から撮ったもので、中上の写真は二の滝を北東上部から撮ったものです。中下の写真は二の滝から一の滝の間に見られる層状チャートを南東から撮りました。下の写真は一の滝を北西から撮ったものです。上と中下、下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下にある黒丸または白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山