県内美濃地方編 その61 関市・郡上市周辺7 高鷲町大鷲の阿多岐層 :郡上市高鷲町大鷲向鷲見と恵里美の間

   阿多岐層は、白鳥町阿多岐から高鷲町にかけての地域、白鳥町北部地域、八幡町北部地域などに分布しています。東西約9km、南北約15kmの範囲に存在したと考えられる湖に堆積した地層です。烏帽子岳火山岩類や大日ヶ岳火山岩類によって覆われていて、新第三紀の鮮新世から第四紀の更新世にかけての500万年~200万年前に形成されたと考えられています。下部層と上部層に分けられており、下部層は3~4mの厚さで、おもに、凝灰岩や凝灰質砂岩・泥岩からなり、珪藻土や褐炭の薄層を挟むようです。上部層は約40mの厚さで、おもに安山岩礫を含む礫岩と砂岩との互層からなるようです。

郡上市高鷲町の高鷲小学校の北に「高鷲小学校前」交差点がありますが、高鷲IC方面の南へ進み、約1.1kmの左側(道路が左に曲がっている途中)に露頭があります。また、さらに700mほど進み、高鷲IC方面と鷲ヶ岳スキー場方面に分かれる道のすぐ左側にも露頭があります。両方とも阿多岐層の露頭です。前者の露頭は、安山岩礫を含む礫岩の上に砂岩層が載っています。後者の露頭は、砂岩とシルト岩(泥岩)の互層が見られます。

写真が五種類ありますが、上の写真は「高鷲小学校前」交差点を1.1kmほど南進した左側の露頭(阿多岐層)を北西からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央部を西から撮ったものです。真中の写真は同じ露頭の下部の礫岩層を近づいて撮ったもので、スケールの長さは20cmです。中下の写真は「高鷲小学校前」交差点を1.8kmほど南進した高鷲ICの北の露頭を南西からパノラマで撮ったもので、同じ露頭を西から撮ったものが下の写真です。中上と下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の下部にある白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。






コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山