県内美濃地方編 その69 西濃地域4 揖斐川町春日国見岳スキー場の貝月山花崗岩の風化 :揖斐郡揖斐川町春日国見岳スキー場駐車場

貝月山花崗岩は、岐阜・滋賀県境付近にある貝月山(標高1,234m)周辺に南北約14km、東西約11.5kmの規模で分布する花崗岩体です。花崗岩は本来堅固な岩石ですが、風化してばらばらになり砂粒や小さな礫などになりやすい岩石です。花崗岩は、同じような大きさの鉱物が互いに密着してできています。気温変化などによってそれぞれの鉱物がわずかに膨張・収縮を繰り返しますが、鉱物によってその度合いが異なり、また同じ鉱物でも方向によって異なるため、鉱物単位でひずみが生じ、結合がはがればらばらになり、砂粒を生成することになります。このばらばらになった粒をマサ(真砂)と呼びます。また、花崗岩を構成している主要鉱物の一つである長石は粘土鉱物になりやすいため、鉱物自体がくずれてしまうこともあります。

国見岳スキー場駐車場では、かなり広範囲に風化した花崗岩が露出しています。ほとんどの花崗岩が風化のためマサ化していて、硬く見える部分でもハンマーでたたくと鈍い音がしてくずれてしまいます。

写真が四種類ありますが、上の写真は国見岳スキー場の奥の駐車場の花崗岩の露頭を南東からパノラマで撮ったもので、中央左側を縦長に撮ったものが中上の写真です。左側に写っているスケールは1mです。中下の写真は、中上の写真とほぼ同じ場所を撮ったものです。下の写真は上の写真の中央部を東から撮ったもので、スケールは同じく1mです。中下と下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の下部の●を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山