県内美濃地方編 その79 本巣市・山県市周辺2 本巣市根尾中の横ずれ断層痕(根尾谷地震断層) :本巣市根尾中(国道157号沿い)

   水鳥地区から県道255号を北進し、開運橋を渡り、国道157号へ入り、そのまま北進します。地震断層観察館から4.5kmほど進んだところにある中地区では、根尾谷断層が左横ずれを起こした跡が畑の境界である茶の木の列により残されています。「中の左横ずれ断層」と呼ばれ、2007年(平成19年)に、国指定の特別天然記念物に追加指定されています。その案内板が国道157号の脇に立っています。

中地区の左横ずれ断層の変位量は最大9.2m、平均7.4mで、1891年の地震による変位量としては最大を示すようです。縦ずれの変位は崖として残りやすいですが、横ずれの変位はなかなか残ることはなく、時がたてばわからなくなってしまうことが多いです。ここでは、畑の境界に植えられている茶の木の列が横ずれ断層の影響で、手前から奥へ向かって左へずれるように屈曲しています。元は直線状に延びていた茶の木の列を横切って断層が左横ずれを起こし、屈曲させて約7mずれたことを示しています。現在も屈曲が残っているのは、土地所有者の数代にわたる日常的な管理と御好意で120年以上も大切に保存されたおかげだと思います。

写真が四種類ありますが、上の写真は茶の木の屈曲を南東からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の中央左を撮ったものです。中下の写真は同じ茶の木の列を南から撮ったもので、下の写真は国道157号沿い(北)から撮ったものです。中上と中下、下の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、それぞれの写真の下にある●を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。





コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山