長良川本流沿い露頭編 その31 美濃市須原右岸の砂岩層中の石英脈 :美濃市須原右岸露頭(須原にあるタイヤバルブ関連の工場南)

   前回の「長良川本流沿い露頭編その30」の玄武岩質溶岩の対岸には、砂岩層(砂岩泥岩互層も含む)が露出しています。その砂岩層には、石英脈や貫入岩が入った露頭が見られますので、4回で紹介します。

美濃市須原にあるタイヤバルブ関連の工場裏(南側)の長良川右岸沿いの砂岩層中には、石英脈が多く入っているのが見られます。写真に写っている露頭は、砂岩層が分布している南西端にあたる露頭です。ここで見られる石英脈は、1mm~5mmほどの幅のものが多いです。中には、小さな晶洞(岩石中にある空洞)があって、幅が1mm前後、高さが5mm前後の石英の結晶(水晶)が見られます。

地質図において、黄色(Mss)はおもに砂岩からなる地層です。近くには緑色(Mbs)のおもに緑色岩(玄武岩質火山岩類)からなる地層が分布します。×地点が、写真を撮った場所です。写真が四種類ありますが、上の写真は石英脈が入った砂岩層を南東からパノラマで撮ったもので、中上の写真は上の写真の左側を撮ったものです。灰色の砂岩層の中に白い細い線状のものが横方向に入っていますが、それが石英脈です。中下の写真は石英脈が多く入っているところを南東から撮ったもので、下の写真は中下の写真のシャープペンシルの右に写っている石英脈を拡大して撮ったものです。細かい水晶が見られますが、写真の縦は2.8cmです。スケールとして置いてあるハンマー、シャープペンシルの長さはそれぞれ約28cm、約14cmです。中上の写真は同じような写真が二枚並んでいますが、写真の下部にある白丸を、左の写真は左目で、右の写真は右目で見て、重ね合わせるようにすると立体的に見えます。(地質図はHP「ジオランドぎふ」より 岐阜県博物館提供)






コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山