都市(名古屋)で見られる化石 その15 :名古屋市東区東桜2丁目の東桜会館の外壁

 今まで名古屋駅周辺で見られる化石を紹介してきましたが、栄周辺でも化石が見られる場所が何箇所かあります。しばらく栄周辺で見られる化石を紹介します。

ドイツ産のジュラマーブルイエローという石材には、アンモナイト、ベレムナイト、海綿動物などの化石が多く入っています。建物の外壁全体にその石材が使われているビルがあります。東区東桜2丁目にある東桜会館です。東桜会館は中部電力創立50周年を記念して、2001年に開館した建物です。外壁がすべてジュラマーブルイエローですので、ゲートウォークの壁とは違い、20年以上風雨にさらされ風化しているのがわかります。しかし、外壁はどこを見てもアンモナイトなどの化石が入っているため、好きな方は見ていて飽きないでしょう。

写真は10枚ありますが、いずれも東桜会館外観、外壁の写真です。1番上の写真に写っているのが東桜会館です。上から2~8枚目の写真はアンモナイト、9枚目はベレムナイト、10枚目は海綿動物です。また、多くの写真に細かい白い粒が多く写っていますが有孔虫だと思います。アンモナイト1~4は横断面、アンモナイト5,6は縦断面、アンモナイト7は斜めに断面を見ています。また、アンモナイト4の中心に写っているのは横断面ですが、その左に写っているのはアンモナイトの殻の端を切り取ったものです。一番上の写真以外はスケールを示してありますが、指を一緒に撮った写真から長さを読み取ってつけたものですから、正確さはやや欠けます。











コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山