都市(名古屋)で見られる化石 その17 :セントラルパーク地下街2(西の通りの床と壁)

 前回も書きましたが、セントラルパーク地下街の通路床の一部には、赤褐色をしたスペイン産のロッソアリカンテが使われています。アンモナイトが結構入っています。人通りが常にある場所なので、通行の妨げになるようではいけないので、1回につきあまり長い時間探し続けるわけにもいきませんでした。また、最初のうちはこの石材に入っているアンモナイトがどのような大きさのもので、どのように見えるかが頭の中に入っていなかったため、あっても見つけることができませんでした。何回か探すうちに、20個以上のアンモナイトが見られることがわかりました。

また、セントラルパーク地下街の西の通りの壁の一部、6番と8番出口付近の壁、およびセントラルアイの両側の壁には、次回「都市で見られる化石その18」で紹介するイタリア産のペルリーノキャーロと呼ばれる大理石(正しくは石灰岩)が使われています。何度か探すと、アンモナイトとベレムナイトが数少ないですが確認できましたので、こちらも紹介します。

前回と同様、セントラルパーク地下街の図を入れました。赤丸の位置がアンモナイトなどの見られる床の場所で、青丸の位置が壁にアンモナイトなどが見られる場所です。写真は9枚ありますが、上の6枚(h~j)はセントラルパーク地下街の床、下の3枚(A、B)は壁の写真です。床で見られる化石は上から順に図のh~jです。それぞれの場所で2個ずつ確認しました。上から5枚まで(h~jの1枚目)はアンモナイトで、6枚目(jの2枚目)はベレムナイトです。

前述したように、セントラルパーク地下街の壁の一部には白っぽいペルリーノキャーロと呼ばれる石材が使われています。Aは6番出口付近の壁、Bは8番出口付近の壁を撮ったものです。Aの1枚目とB(下から3枚目と1番下)はアンモナイトの縦断面で、Aの2枚目(下から2枚目)はベレムナイトの断面です。写真にはすべてスケールが入っていますが、指などを一緒に撮った写真から長さを読み取ってつけたため、正確さはやや欠けます。











コメント

このブログの人気の投稿

長良川鉄道沿いの地形・地質編 その45 「ジオ鉄」って何?

都市(名古屋)で見られる化石 その14 :アンモナイトの化石の断面とドーナツの断面

県内美濃地方編 その4 各務原市周辺4 高位段丘礫層 :各務原市鵜沼伊木山